在宅医療・在宅介護

在宅医療とは

在宅医療とは、通院が困難な患者さんに対して、医師や

歯科医師、看護師や薬剤師、リハビリ療法士などが、住

み慣れたご自宅や高齢者住宅などに訪問して提供する医

療のことです。

費用は、医療保険と介護保険で賄うことができます。

また、在宅医療と同時に介護保険を申請して、認定を

受けると在宅生活に必要な介護を受けることもできます。

在宅療養するためには、医療と介護の両方が必要です。

 

 

在宅介護とは

在宅介護とは、介護保険で要支援・要介護と認定された

人が自宅で生活しながら、介護のサポートを受けて生活

することです。

家族だけの介護は、介護する家族も介護を受ける人も

長期間にわたるとともに疲労やストレスなどの負担が

大きくなり、続けることは難しくなります。

そこで、介護保険を利用して、ホームヘルパーが

自宅に来て介護をしてくれる訪問介護や、施設に

通って専門スタッフによる介護や食事・入浴などの

介助を受ける通所介護(デイサービス)を利用する人

が増加しています。

また、介護用ベッドや車いす、様々な介護福祉用具も

介護保険を利用して、借りることができます。

自宅以外でも、住宅型有料老人ホームやサービス付き

高齢者向け住宅、グループホームなどで外部の介護

サービスを利用する場合も在宅介護となります。