在宅いきいきネット

1.取手市医師会在宅いきいきネット

取手市医師会在宅ネットワークは、平成26年度に「在宅いきいきネット」という名称で商標登録いたしました。

主治医と看護師、各訪問看護ステーションの看護師が協力しあい、患者様の医療を行います。また、介護保険制度を通じて、取手市、守谷市、利根町の各地域包括支援センター、各保健センターの保健師、各事業所のケアマネジャー、各事業所のヘルパーとも協力をお願いしています。

かかりつけ医のいない場合、主治医候補をご紹介します。また主治医のほかに副主治医(連携医)を定め、主治医が留守の場合でも対応します。副主治医(連携医)はあらかじめ患者様(ご家族)にお知らせします。主治医、副主治医(連携医)は、ほぼ全ての医療機関が機能強化型在宅療養支援診療所・病院となっています。

必要に応じて整形外科、眼科、耳鼻科などの医師、歯科医師、薬剤師の応援も受けられます。急な病状悪化に備えて、後方病院もお願いしてあります。

 

図ネットワーク

 

 

2.在宅ネットワークの目的

  1. 地域で安心して暮らせる。利用者が24時間、365日、安心して利用できること。
  2. 訪問看護ステーションやケアマネジャーなどとの良好な連携により、利用者様により利用しやすい環境を整えること。
  3. 後方病院、専門医、リハビリ施設、歯科などとの連携などにより専門性を担保し、在宅医療の質を高めること。
  4. 主治医バンクの役割。患者様ご自身(ご家族)を始め、各病院、居宅などから在宅主治医を探す窓口となること。複数の医師による診療を御希望にならない場合でも主治医をご紹介いたします。

 

3.どんな病気で在宅医療を受けているか

訪問診療を必要とする全ての在宅患者様。独居もしくは主たる介護者がいない場合でも相談に応じます。

 

4.在宅医療の内容

  1. 一般的健康管理・・・・在宅診療中の患者様の一般的健康管理
  2. 急病対策・・・・・・・在宅診療中の患者様のかぜ、腹痛などの急病
  3. ターミナルケア・・・・がんなどで末期的状態にある患者様の看取り
  4. 褥創対策・・・・・・・褥瘡の予防と処置
  5. 特殊なもの
    a.疼痛緩和
    b.在宅酸素療法
    c.栄養法(経管栄養、中心静脈栄養とう)
    d.膀胱留置カテーテル
    e.気管カニューレ

 

5.在宅医療申し込みの窓口

 

窓口

 

主治医、ケアマネジャー、各地域包括支援センターなどにご相談ください。

 

取手市医師会事務局が取りまとめます。(直接のお申し込みは承っておりません。)
患者さんの地域や主治医の専門などを考慮し、主治医候補をご紹介します。