文字サイズの変更
社団法人 取手市医師会
小中大
 
HOME > 沿革
休日夜間診療について
医療機関検索
予防接種実施医療機関

沿革

明治 35年   本間養仙を会長とし、北相馬郡内に居住する12,3名により北相馬郡医師会を結成
昭和 22年 11月 法律改正により、社団法人茨城県北相馬郡医師会を結成
北相馬郡医師会の定款を定める
44年 6月 日曜、祭日等、休日の急患に対する当番医の問題が社会問題となり出したのを受け、取手町内において休日緊急当番医制を実施
45年 9月 守谷町内において休日緊急当番医制を実施
48年 7月 取手町の市制施行に伴い、社団法人取手市医師会に名称を変更
57年 7月 取手北相馬保健医療センター医師会病院開設
57年 10月 取手北相馬休日夜間緊急診療所開設
(取手市、藤代町、守谷町、利根町の委託事業)
平成 5年 11月 訪問看護ステーションひまわり開設
6年 4月 茨城県南地域産業保健センター開設
9年 3月 医師会病院リハビリテーション棟増築
9年 11月 医師会病院健診センター増築
12年 4月 ひまわり居宅介護支援事業所開設
18年 3月 医師会病院療養病棟50床増床
18年 6月 医師会病院一般病床50床増床
18年 8月 医師会病院、茨城県より地域医療支援病院の承認を得る
26年 4月 公益社団法人に移行